野々市じょんから(野々市市)

 

1 ハアー未熟ながらも拍子をとりて 唄いまするは富樫の略史

2 ハアー声はもとより文句もまずい まずいところをご容赦あれば

3 ハアー踊りましょうぞ夜明けるまでも 今を去ること千年以前

4 ハアー時の(みかど)は一条天皇 雪に埋もれて開けぬ越路

5 ハアー加賀の司に富樫を行けど 勅定かしこみ都を跡に

6 ハアー下り来たりて野々市の 地理を選びて舘を築き

7 ハアー神社仏閣造営いたし 民を愛して仁政(し)けば

8 ハアー名僧知識は四方より集い これら知識に道ばを開いて

9 ハアー一の谷やらひよどり越と 屋島海戦大功たてて

10      ハアー兄を名誉の将軍職に たすけあげたる義経公が

11      ハアー落ちて来たりて安宅関所 家来弁慶読み上げまする

12      ハアー音に名高き勧進帳に 同情いたして涙で落とす

13      ハアー老いも若きも手をとりながら 踊りますしょうぞ夜明けるまでも

14      ハアー共に幾千代名は芳しく 唄いまするは富樫の略史

 

◆じょんからは、石川県で口能登の宝達志水町から南では加賀市まで分布している。じょんからは、仏教との関連で説かれているのが特徴である。

◆平安の昔、加賀の有力武士団であった富樫氏は、代々野々市の地に館を築いた。
仏教から出たといわれる「じょんから節」は、富樫氏の徳を讃えるものとして武士・町民・農民の区別

なく一つの輪の中で踊られたとされ、民衆の安らかな生活をしのばせる素朴さをもっている。
◆室町時代に踊られた神楽踊りから守護職冨樫氏の遺徳をしのぶ踊りとも言われている。


◆昭和42年、野々市町無形民俗文化財に指定

◆「じょんから考察」参照