砂取り節(珠洲市)

 

1(ハエンヤヤッサ ヨイトコサッサ)

 ハアとも取り姿やー(ヨイヤー)

 おらが殿まのともとり姿やー やれゆらゆらと ハーゆられて波にゃ

 (波にゆられてやーれーよ)やんさーゆらゆらとやーえ(以下はやしことば・繰り返し略)

2 ハアしかたの風だよ おらは雇い人だ しかたの風だやー

  ヤレ待つばかり ハアー入る場をお日のや ヤンサー待つばかりヤーエ 

3 ハア塩浜育ちヤ ヤレかろうござる もろうても娘(娘もろうてもヤレヨ)

  ヤンサーかろうござるヤーエ 

4 ハアなじみにもてばヤ 浜師男をなじみにもてばヤー

  ヤレ土用浜アー ますわい案じ(案じますわいやれヨ)

  ヤンサー土用の浜ヤーエ

5 ハア百日浜辺ヤー 塩をとる時ゃ 百日浜辺ヤ

  ヤレ見て暮らすアー はせ舟沖の(沖のはせ舟ヤーレヨ)

  ヤンサー見て暮らすヤーエ

 

◆能登半島の突端にある珠洲市の海岸に揚浜式製塩があり、徳川前期(加賀藩主三代利常以前)、この製塩作業者によってうわれたという。揚浜式製塩は、世界最古の原始的な製塩方式であって、春まだ早い三月、塩田用の砂を舟で運ぶことから始まるのである。この砂運びがとても寒くてきつい作業であったことから、唄を唄ってそのつらさを紛らしたという。この唄には、唄い返しのあることが珍しいとされており、歌詞、歌調とも外浦(七尾湾側を内浦というにこと対することば)特有の貴重な民謡とされている。昭和49年(1974)春、この製塩方式を今でも続けている角花菊太郎氏は、珠洲市で初めて人間文化財に指定されたとともに、この唄は、昭和43年、石川県指定無形文化財に指定されている。