高鞆音頭(金沢市藤江)               作詞:南部幸七 作曲:松嶋庄次

1 加賀は三代利常公は 寛永十年金沢城に(ハイ)

   泉水(せんすい)築山(つきやま)(にわ)(つく)らんと(サッサエンヤサッサ) 家臣(かしん)寄りあい思案をなさる

2 能登に噂の巨岩(おおいわ)ありや その岩肌は亀甲(きっこう)模様(もよう)(ハイーエンヤサッサ)

   (たけ)一丈(いちじょう)に二尺と余り 突飛な首が振り動くとや

3 責務担った庭師()衛門(えもん) (すぐ)る船頭は五十と二人

   能登は富来へと海路を急ぐ 吹けや追い風櫓櫂がしなる

4 苦心算段合体(あわせる)船を 波に浮かべた珍亀な岩は

   船をきしませ風波しぶき 無事に着けたや宮腰の浜

5 (おか)に上がった巨(おお)亀岩は 引かれ押さるる往還半(おおかんなかば

   藤江の村に差したる折に 何たる悲劇や亀甲岩(きっこういわ)の

6 大事大事な首折れ落つる 亀よ嘆くなお城にゃ行けぬ

   岩にまたがり胴つきなさる 男衛門運命(いのち)悲しや

7 大野の(さと)(ゆき)(かう)(みち)に 今も残りし藤江の村は

   高鞆神社の杜の片隅 黙すは悲しや能登の亀岩

◆寛永十年、兼六園の築造のとき、能登・富来(現志賀町)から亀の形をした大岩を船で運び、宮腰(現金石港)から金沢城へ運ぶ途中、藤江まで来たときに亀の首の形をした部分を折れてしまった。これに関わった庭師左衛門は、大岩にまたがり切腹してその責任をとった。金沢・藤江神社の境内に首なしの大岩が安置されている。この悲しい話を高鞆音頭とともに後世に伝えていく。